blog

2020.02.27

〈セブ島〉日本人スタッフ在中病院!!ジャパニーズヘルプデスク

こんにちは、
セブ島0円留学ブログです。

海外インターン生や留学生向けに

セブ島でのお得な現地情報
〈セブ島情報〉

お届けしています。

皆さん海外で体調不良になった時は、
どこの病院に行ったら良いか、
不安になりませんか??!

そんな時のために、ぜひ知っといて欲しいのが
〈ジャパニーズヘルプデスク〉
という日本語対応病院です!!!

ジャパニーズヘルプデスクとは

日本人スタッフが在中している
日本語対応が可能な病院になります。

また、電話予約も可能で
クレジットカード付帯保険にも対応しています。

基本的に、クレジットカードには出国日から
90日間の海外保険適用期間があります。

 

●対応している海外保険
・エイチエス損保
・セコム損害損保
・AU損害損保
・三井住海上
・日本興亜損害保険
・日本新火災海上保険
・富士火災海上保険
・損保ジャパン
・朝日火災海上保険
・ジェイアイ傷害火災保険
・Chubb損害保険

●営業日/時間
月-金 9:00-21:00/
土 9:00-14:00/
日祝は緊急外来で受付可

場所はどこ?!


https://goo.gl/maps/NFL7jQSmA6cdCRNRA

こちらの病院はセブ市にある、セブドクダーズ大学に併設された大学病院です。

ITパークからだと、タクシーで10~15分ぐらいで到着します。
ですので、いざという時には行きやすい距離ではありますね!

持ち物

さてさて、診断を受ける際に必要な持ち物は
こちらです。

—●必要なもの—
・パスポート (コピーも可能)
・クレジットカード
(クレジットカード付帯保険を適用する場合)
・航空券
(クレジットカード付帯保険を適用する場合)
・海外保険証(あればでok)
・現金

この4点があれば、ひとまず安心です。

クレジットカード付帯保険を利用する場合は
クレジットカード とフィリピンに来た際の
航空券が必要ですが、
パスポートは皆さん必須なので忘れないように
気をつけましょう!!!

スタッフの対応は抜群!!!

中に入ると、日本人のスタッフが対応してくれますし、
症状を記入する用紙も日本語対応なので
英語が分からなくても安心です!

私の場合、ドクターはフィリピン人の方でしたが
とても丁寧に診断してくれましたし、
日本人スタッフが通訳してくれました。

最後に

海外での体調不良はよくあることですが、

本当に、しんどくなった時は不安ですよね。
そんな困った時に、とても助かる
〈ジャパニーズヘルプデスク〉のご紹介を
させていただきました。

以上、セブ島0円留学ブログでした。