blog

2018.08.09

セブ島なのに、中国のお寺が!?タオイストテンプル

こんにちは!!

突然ですが、皆さんは

日本でお寺や神社ってよく行きますか?

 

セブ島は、基本的に教会が主流です。

ただ今回は、教会ではなくお寺をご紹介☆

 

その名も、、、

タオイストテンプル!!

 

色鮮やかなお寺で心を清めてみては

いかがでしょうか?笑

高台にそびえ立つお寺

今回ご紹介するタオイストテンプルは、

フィリピンでは珍しい

教会ではなく、お寺です!

中国の道教からきているお寺だそうです。

 

場所は、セブ市内

高級住宅街の高台にあります。

 

地図はこちら↓↓

IT  parkからタクシーで約30~40分。

運転手に「タオイストテンプル」「チャイニーズテンプル」と

伝えれば目的地まで連れて行ってくれますよ!

 

(※タクシーはその場で待たせておくのがいいです。

高台ということもあって、ほとんど車は通りません。)

 

ちょっと時間が空いたら

ぜひ足を運んでみることをおすすめします(笑)

赤色や緑色と派手な色使いがとても目立ちます!

到着するとこの大きな門が

訪れた人たちを出迎えてくれます。

 

※ただ、これはただの駐車場の門で

訪問者は隣の小さな門から入ります(笑)

 

続いては、拝殿です。

雰囲気が出るように、

神々しく撮ってみました(笑)

中にはたくさんの人が参拝されていて

ちょっと暑かったです。。

寺院の中にパワースポット☆

敷地内には、大きな龍の像があります。

中国で龍は神話・伝承に出てくる想像上の動物ですが、

天候と水の支配者として崇められています!!

風水でも取り上げられるほどなので

日本でも有名ですよね☆

 

また、龍に関連する言葉で

「龍穴」があります。

これは龍の息吹が出る場所とも言われていて

とてもパワーがもらえる穴です。

 

つまり、ここは意図的に作り出された

パワースポットなのです!!

高台だからこその景色

こちらのオススメポイントは、

なんと言っても!!

素晴らしい景色が一望できる事です!

標高約400メートルの中腹にあるので

セブ市街を見下ろすことができ

眺めも最高です◎◎

 

みなさんもぜひ足を運んで

自分の目で見てみてください(笑)

教会が多い中での中国寺院!

セブにいながら中国のお寺を参拝する。

自分がどこの国にいるのかわからなくなって

しまいそうですね(笑)

 

セブの人たちは、

植民地だったこともあり

混血の人が多いため

多国籍な文化を持っています。

 

今回の、タオイストテンプルも

その一つです。

 

ご存知のように日本にも歴史があるように

セブにもたくさんの歴史があります。

だからこそ、自分の目で見て触れて

知識を増やしていけるといいですね☆